音学校 修了生ダイレクトヴォイス


優河

(シンガー&ソングライター)


       受講を決めたきっかけと理由

SNSで流れて来た、 「牧村憲一 開講」という文字を見た瞬間、これだ!と。 まだ内容も見ていなかったのに、何かが始まる!という確信的な直感で即決しました。
そして本当に「音学校」を経て、” 何かが始まった ” !



       最も有意義に感じた出来事、エピソード

いろいろありますが、やはり初期に出された、サビのない曲を作ってきなさい、 という課題に対して(幸か不幸か、私のオリジナル曲にはあまりサビというものがもともと存在しない。) 持って行った楽曲に、牧村さんが、 「ゴンちゃん、これにユーフォニウムいれてみてよ」と言ったあとの、 仕上がりを聴いたときでしょうか。
胸がドキドキと高鳴って、本当に感動しました。 ゴンドウさんの音、曲の捉え方、そして牧村さんの的確な一言が交わった、 そのときこそ、「音学校」という場所の魔法が光った瞬間だったと思います。



       同窓生たちとの”絆”についてのエピソード

よく飲みにいきましたね、、。そしてよく、音楽の話をしましたね。とても純粋な フィルターを通してお互いの楽曲についてああだこうだ言い合って。
正直な言葉で、褒めてくれたり、アドバイスをくれたり。
良き ” 仲間 “ です。” 同士 “ です。それも、かけがえのない。
それにしてもよく飲んだな、、。



       アルバム『Tabiji』の反響についてのご自身のご感想

想像以上に多くの方に手に取って頂いて、驚いています。
『Tabiji』が、それぞれの旅路についていて、何より嬉しいです。
でも、まだまだいける!!もっと広がっていける!!
だって旅って、始まってしまうと終わらないものですものね



       「音学校」を推薦するなら、どんな言葉で!?

「音学校」は、ひとつの正解を教えてくれる場所ではない。
「音学校」は、あなたの行くべき場所、そこまでに置かれた無数の道しるべ。迷う事なかれ!







優河『Tabiji』
FISレコード




フミノ

(シンガー&ソングライター)


       受講を決めたきっかけと理由

直観



       最も有意義に感じた出来事、エピソード

自分の色を教えていただいたこと。
牧村先生の言葉。
原点になりました。



       校長・特任講師へのメッセージ

本当に感謝しています。
きっと頑張ります。



       同窓生たちとの”絆”についてのエピソード

絆・・・仲間ができたことが素直に嬉しいです。



       アルバム『モザイク』で第一期特任講師のゴンドウさんだけでなく、 鈴木博文さんとのレコーディングで印象に残ってること

とにかく楽しかった。楽しいって知った。
心から音楽に出会えて良かったと思いました。。



       「音学校」を推薦するなら、どんな言葉で!?

迷っているなら おすすめします。







フミノ 『mosaique』
メトロトロン・レコード+愚音堂








© Makimura Kenichi Music Private School All rights reserved.