受講希望者のためのQ&A

『ゼミI』『ゼミII』『ゼミIII』の受講をご希望のみなさま


①受講資格に関してのご質問・ご回答

Q


音楽業界のことは何も分かりませんが、いつか音楽の仕事をしたいのです。
未経験者でも受講はできますか?

A


歓迎いたします。音楽を愛し、音楽をサポートしたいという強いお気持ちを抱いておられるなら、ぜひ受講をお薦めいたします。 まずは小さくても自分が音楽に関われることを見つけ出すための知識を習得しましょう。


Q


特定のマネジメント事務所・音楽メーカーのスタッフなのですが、受講はできますか?

A


できます。厳しさを増す音楽業界で如何に多様な音楽とビジネスの在り方に対応していくか? ということは一つでも多く、深く、学ぶことをお薦めいたします。


Q


全ての『ゼミ』を受講する必要はありますか?

A


音楽レーベルに関わる多様なテーマを基にコースを進行しますので出来るだけ『ゼミI』『ゼミII』『ゼミIII』の 一貫した受講をお薦めいたしますが、特定のテーマのゼミだけを受講することもできます。 ただし、コースの受講定員50名の応募があった場合は個別での受講をお断りすることがあります。 受講者のご希望に丁寧に対応するための定員制度ですので予めご了承ください。


Q


レーベル・マネジメント事務所・音楽メーカーを代表して受講したいのですが、
仲間や同僚に講義内容や資料を共有することはできますか?

A


まず、受講者に配布する資料は不特定多数・無作為に共有・公開することは出来ません。
各ゼミ生のコミュニケーションの発露であり、結論ではありませんのでそれだけを共有・公開されても誤解を招く恐れがあります。 講座内容についても同様ですが、享受される技術や方法を実践することで共有されるべきだと考えておりますことをご理解ください。


『ゼミIV』の受講をご希望のみなさま


①受講資格に関してのご質問・ご回答

Q


ミュージシャンになりたいのですが、楽器演奏の経験も技術もありません。
それでも『ゼミIV』は受講できますか?

A


「第三期」の『ゼミIV』は実際に音源を制作することを半年かけて目指し、そのために必要十分なことを学び合っていきます。 つきましては、少なくともライヴ経験・DTM・レコーディング経験があり、ご本人制作の「デモ音源」・「ライヴ音源」を お持ちの方のみを募集いたします。
音楽制作経験・ライヴ経験のない方はまずは『ゼミI』『ゼミII』『ゼミIII』を受講いただき音楽の基盤となることを学ぶことから始められるのをお勧めいたします。


Q


特定のマネジメント事務所・音楽メーカーに所属しており、独立は考えていませんが
『ゼミIV』は受講できますか?

A


歓迎いたします。スタッフとの円滑なコミュニケーションやセルフ・プロデュースの技術をぜひ習得してください。


Q


バンドとして応募する場合、実際に『ゼミIV』をバンドメンバー全員で受講することは出来ますか?

A


バンドあるいはユニットでのご応募いただき、受講者選考に残ったバンド/ユニットのメンバーにつきましては 一組当たり2名まで受講することができます。


Q


自分で作った音楽を販売したり、著作権を管理したいのですが、その方法は教えてもらえますか?

A


この『ゼミIV』と並行して著作権運用・管理を学ぶ『ゼミⅡ』を開講しますので、権利の運営・運用はそちらでご教示いたしますので合わせての受講をお勧めいたします。


Q


音楽制作をどのくらい詳しく教えてもらえるのでしょうか?

A


校長・牧村憲一と特任スーパヴァイザーが受講者お一人おひとりの音楽制作過程でディレクションするため敢えて受講者定員を10 名(組)に限定しています。 また講師を補佐するスタッフも制作経験豊かですので、受講者は積極的にゼミで発表していただくことができます。 個人的に牧村・特任スーパヴァイザーにご相談をしていただくこともできますし、全9回の中盤では「個人面談」も行います。 一緒に一曲でも多くの音源を完成しましょう。

受講のための応募と受講料について


①受講のための応募に関するご質問・ご回答

Q


個人情報は守られますか?

A


守られます。「音学校」の受講者との確認・ご連絡以外には応募時にお預かりする個人情報は一切、他のことには使用しません。 また所謂「名簿業者」等へ譲渡・貸与することも一切ありません。音学校運営事務局が厳しく個人情報を守ります。


Q


病気などで講義を休んだ場合に受講料は返金されますか?

A


やむをえない事情で講義を休まれる場合にも受講料は返金することが出来ません。 ただし、お休みされる場合でも資料をお渡ししますので、それを基に次回以降で質問等をお受けし、バックアップに努めます。


Q


全コースを受講すれば何か資格はもらえますか?

A


「音学校」は学校法人ではありませんので一般的な卒業資格等は設けてありませんが、「第一期」の受講生からは音学校で学んだスキル、 そこで得た仲間をもとにCDデビュー、ライヴ活動の場を広げているミュージシャンが増え続けています。 「資格」以上の経験・技術・方法を受講者に享受するべく主宰者始め、講師・スタッフは最大の時間と労力を割きます。 なぜなら、その目的は受講者が愛する音楽とリスナーが求める音楽の接点を見出し、少しでも「音楽産業の中心」に近づけることだからです。

受講のための応募と受講料について


②各ゼミ/ 講座の受講料お支払に関するご質問・ご回答

Q


受講料は分割で支払うことはできますか?

A


クレジットカードでお支払いの際、分割払い/リボ払いを指定することはできませんが、受講者がご利用のカードによっては後から分割払い/リボ払いにできる場合があります。
以下のリンクをご参考に、分割払い/ リボ払いの設定をご確認ください。
例)

分割払い/リボ払いをご希望の方は、事前に必ずお持ちのクレジットカードにお問い合わせの上、お支払いください。 また、支払い後は、ウェブ画面や問い合わせを通じて、クレジットカード会社に必ず分割払い/リボ払いの依頼を行ってください。
分割払い/リボ払いやクレジットカードの支払いに関するご質問、お問い合わせは、お持ちのクレジットカード会社にお願いいたします。 音学校事務局、及びPeatixからはお答えできませんので予めご了承ください。


Q


クレジットカードを持っていないので現金で受講料を振り込むことはできますか?

A


原則としては受講料のお支払いはPeatixの決済システムをご利用いただけるようにお願いをしておりますが、受講者のご事情により口座振り込みをされたい方は 当ホームページのヘッダー(右上)にある「問い合わせ」をクリックし、音学校事務局に直接お問い合わせください。









© Makimura Kenichi Music Private School All rights reserved.