ゼミⅡ

音学校が伝える

音楽と生き抜くメソッドとデータ2016 ゼミ


長く豊かな音楽生活を自分で築くために

  • 特任講師:伊藤亮一/手島将彦
  • 特別ゲスト講師:荒川祐二(著作権管理会社/ 株式会社NexTone代表取締役COO)
  • 開講日:2016年11月17日~2017年1月12日(毎週木曜日開講/ 全8回)
  • 各2時間(講義1時間30分+ディスカッション30分)



<このゼミで学べることは何でしょうか?>


音楽家にとっても、スタッフにとっても、楽しいことばかりではない日本の音楽業界の「永遠の過渡 期」が続きます。またリスナーにとっても「音楽の楽しみ方」とは何なのか?どう使えば、誰の利益 になるのか?何を守ってくれるのか?は、何度学んでも尽きることがない深さと変化があります。
音楽業界って何?何をしてくれるの?何かをしてもらうためには音楽家、スタッフは何をすればいいの? そしてやはり何度も学びたい、身体に言い聞かせたい「著作権」の運用に必要な知識と「第二JASRACって 何?」 「JASRACと何が違って、どっちがお得なの?損なの?」・・・。
あなたが自らの音楽と共に生き抜く「次の時代の方法とデータ」を伝授します。



<ゼミはどのように進んでいくのでしょうか?>


 II-1

音楽業界では何が起こっているのか?

第1回 2016年11月17日(木)19:10~21:10



 II-2

「音楽を売る」「音楽を買う」ことの変化を知ろう!

第2回 2016年11月24日(木)19:10~21:10


「あるアーティストが1曲を作り、そこからCDデビューするまで」を具体的にやらなければならないことを示しながら、“今の音楽業界の利点と難点”を中心に解説します。 音学校第一期・第二期の特任講師・伊藤亮一先生と新任特任講師の手島将彦先生のダブルヘッダーで、過去四半世紀に渡る音楽家個人の学び、成功と失敗、正解と誤解を解説いたします。



 II-3

これから音楽を作り始める、これからも音楽を作り続けるために
知っておきたいこと①

第3回 2016年12月1日(木)19:10~21:10



 II-4

これから音楽を作り始める、これからも音楽を作り続けるために
知っておきたいこと②

第4回 2016年12月8日(木)19:10~21:10



 II-5

これから音楽を作り始める、これからも音楽を作り続けるために
知っておきたいこと③

第5回 2016年12月15日(木)19:10~21:10


特任講師・伊藤/ 手島が様々な「事実、起こった」成功例・トラブルを挙げながら、音楽業界の内実と「契約」の仕方を丁寧にお伝えします。 そして、個人の音楽家と、ユニットやバンドでの著作権の考え方の差異と、その解決法までを伝授いたします。



 II-6

デジタル配信ビジネス最新状況①

第6回 2016年12月22日(木)19:10~21:10



 II-7

デジタル配信ビジネス最新状況②

第7回 2017年1月5日(木)19:10~21:10


AWA/ dMUSIC/ AppleMusic/ AmazonMusic/ GooglePlay、そしていよいよ日本参入が(またしても)公表されたSpotify・・・。
2017年~2018年、そして2020年には「音楽はどのように売られ、買われ、聴かれる」のでしょうか?日本と海外では一体、何が異なっていくのでしょうか?
音学校第一期・第二期で「もっと知りたい。またやってほしい」という受講生リクエストが最も多かった 「デジタル配信」と音楽家の関係と情報を、今期もしっかりとお伝えし、情報を受講生にとって活かせる方法に変えて行きます。



 II-8

これからの音楽の作り方、売り方、買い方、その未来地図を描く。

第8回 2017年1月12日(木)19:10~21:10


戦後、日本の音楽業界・音楽出版権を完全に掌握してきたと言われる『日本音楽著作権協会』、通称:JASRAC(ジャスラック)。 これまでにも、“イーライセンス”、“ジャパン・ライツ・クリアランス”が「第二JASRAC」として、 JASRACの独占的な著作権契約・管理業務からの脱却を図ろうとしていました。
そこから十数年、遂に“イーライセンス”と“ジャパン・ライツ・クリアランス”が一つになり『株式会社NexTone』として新たに設立。 エイベックス・グループを始め、大手音源メーカー、制作会社、マネジメントオフィスも「次の手」に向けて動き出しています。
それによって、インディペンデントな音楽家たちは、どんな関係があるのでしょうか? それを学んでこそ、次世代の著作権時代をサバイヴすることが出来る「鍵」を手に入れることが出来るのかもしれません。
このII-8では日本の新たな音楽業界、著作権の在り方を切り拓く株式会社NexTone(ネクストーン)代表取締役の荒川裕二先生をお迎えして、今後の音楽の展望を中心に進行していきます。



ゼミⅡ

特任講師:

伊藤亮一

(いとう・りょういち)



島根県出身。音学校運営事務局長/ 特任講師。有限会社スーク代表取締役社長。
大学時代にイエローマジックオーケストラ等の作詞を手掛けていた英国人詩人・パフォーマーのクリス・モズデル氏 に師事。英語の日本語双方の作詞・作曲の在り方を学ぶ。また、DJ/ 選曲家としてクラブ・プレイからファッション・ ショーの選曲、ショップBGMまでを幅広く制作。
大学卒業後にNHK関連会社の国際営業企画部ディレクター/ プランナーに着任。ハリウッドから東ヨーロッパまで 数々の映画作品(『ドライヴィング・ミス・デイジー』/ 『フィールド・オブ・ドリームズ』プロジェクトチームのメンバー としてはアカデミー賞Rをもたらした)、同時期にはユーリズミクス、チェット・ベイカー、ビリー・ホリデイ、サリフ・ ケイタなどのグローバル且つクロニクルな音楽ドキュメンタリーの出資企画開発を多数手掛ける。その後、音楽制 作・雑誌/ 書籍出版/ 映像制作のプロダクション、大手マネジメント事務所及び音楽出版管理会社取締役で総計300万 枚以上のCDセールスをバックアップしたことを経て、独立。
有限会社スークを設立。SNS“MySpace”とJ-WAVE、雑誌出版社を一体化したプロジェクト“Radio×Spider”の構成作 家、新人開発担当としてヒットチャートを賑わせるバンドたちをラジオ番組で初オンエアし、世に送り出した。 また、インターネット・ビジネス・コンサルタントとしては20年のキャリアを持ち、現在も大手通信会社の特任コンサ ルタントである。編集者、PR/ IRコンサルタント、広告制作クリエイターとしても活動。


 『大島渚レトロスペクティヴ2016』 ディレクター/ プランナー










特任講師:

手島将彦

(てしま・まさひこ)



鹿児島県出身。出生地は大分県日田市。早稲田大学第一文学部にて東洋哲学を学ぶ傍ら、 音楽活動をはじめ、1993年サニーデイ・サービスのPUSHBIKE LABEL(UNDER FLOWER RECORDS)からの 1st EP『COSMO SPORTS EP』のprogramingを担当。 その後自身のユニットmaramalade skyでGIANT-ROBOT LABEL(UNDER FLOWER RECORDS)のコンピレーション・アルバム 『Here We Go ‘round Vol.1』に参加。1995年、HMV主宰(協賛:東芝EMI、キングレコード、ポニーキャニオン、アポロン) のレーベルflea fairからデビュー。1枚のミニアルバムを発表後、インディーズ・レーベルBOYS WONDER RECORDSを立ち上げ、 maramalade skyおよび、後にキューン・ソニーからデビューするCYCLESの作品をリリースする。 並行して沢知恵のマネージメント・スタッフとなる。1998年、沢知恵は韓国光州で行なわれた「KWANGJU JAPAN WEEK」で、 日本の大衆文化開放後、韓国国内で初めて公式に日本語でうたい、第40回日本レコード大賞アジア音楽賞受賞する。 その後、専門学校ミューズ音楽院・新人開発室を担当。藍坊主、LOST IN TIME 、school food punishment、Prague、THE LOCAL ART、 Fed MUSIC、FUNKIST、FREEZER NOIZE、4 bonjour’s parties、boh-bah、など多数のアーティスト輩出に関わる。 また、同時に主宰していた、「全く知名度はないが良いアーティストを紹介する」というコンセプトのライブ・イベント 「WONDER MISSILE」を2000~2005年にかけて渋谷屋根裏にてマンスリー開催。 前述のバンドたちを含め、まだ知名度が全くなかった頃の10-FEET、avengers in sci-fi、凛として時雨、野狐禅(竹原ピストル)などが 出演していた。2016年4月には精神科医の本田秀夫氏との共著『なぜアーティストは生きづらいのか?~個性的すぎる才能の活かし方』を リットーミュージックから出版。アマゾンの予約の段階で音楽一般カテゴリで1位を獲得。


 最新著作『アーティストはなぜ生きづらいのか?』 (共著)

 インタビュー(MUSICMAN-NETより)









特別ゲスト講師:

第8回 2017年1月12日(木)

荒川祐二

(あらかわ・ゆうじ)



1965年、長野県長野市生まれ。広告代理店勤務を経て、1995年、コンサート企画制作会社(株)プロマックス取締役に 就任、坂本龍一などのコンサート制作などに携わる。
2000年に音楽著作権管理会社、株式会社ジャパン・ライツ・クリアランスを設立、代表取締役社長に就任(現職)。2010 年より大正大学客員教授。2016年、新たな著作管理・契約会社、株式会社NexTone (ネクストーン)代表取締役COO(最高執行責任者)に就任。


 「次世代を奏でる音楽エージェント 株式会社NexTone:」





開講日

2016 年 11 月 17 日~ 2017 年 1 月 12 日(全 8 回)

各2時間(講義1時間30分+ディスカッション30分)

2016 年
2017 年
  • 11月 
  •   1 火 
  •   2 水 
  •   3 木 
  •   4 金 
  •   5 土 
  •   6 日 
  •   7 月 
  •   8 火 
  •   9 水 
  • 10 木 
  • 11 金 
  • 12 土 
  • 13 日 
  • 14 月 
  • 15 火 
  • 16 水 
  • 17 木 ゼミ II(第 1 回)
  • 18 金 
  • 19 土 
  • 20 日 
  • 21 月 
  • 22 火 
  • 23 水 
  • 24 木 ゼミ II(第 2 回)
  • 25 金 
  • 26 土 
  • 27 日 
  • 28 月 
  • 29 火 
  • 30 水 
  •     
  • 12月
  •   1 木ゼミ II(第 3 回)
  •   2 金
  •   3 土
  •   4 日
  •   5 月
  •   6 火
  •   7 水
  •   8 木 ゼミ II(第 4 回)
  •   9 金
  • 10 土
  • 11 日
  • 12 月
  • 13 火
  • 14 水
  • 15 木 ゼミ II(第 5 回)
  • 16 金
  • 17 土
  • 18 日
  • 19 月
  • 20 火
  • 21 水
  • 22 木 ゼミ II(第 6 回)
  • 23 金
  • 24 土
  • 25 日
  • 26 月
  • 27 火
  • 28 水
  • 29 木
  • 30 金
  • 31 土
  • 1月
  •   1 日
  •   2 月
  •   3 火
  •   4 水
  •   5 木 ゼミ II(第 7 回)
  •   6 金
  •   7 土
  •   8 日
  •   9 月
  • 10 火
  • 11 水
  • 12 木 ゼミ II(第 8 回)
  • 13 金
  • 14 土
  • 15 日
  • 16 月
  • 17 火
  • 18 水
  • 19 木
  • 20 金
  • 21 土
  • 22 日
  • 23 月
  • 24 火
  • 25 水
  • 26 木
  • 27 金
  • 28 土
  • 29 日
  • 30 月
  • 31 火





ゼミⅡ

応募要領


「音楽と生き抜くメソッドとデータ2016」ゼミ

  • 特任講師:伊藤亮一/ 手島将彦
  • 特別ゲスト講師:荒川祐二(著作権管理会社/ 株式会社NexTone代表取締役COO)

開講日:2016年11月17日~2017年1月12日(毎週木曜日開講/ 全8回)


☆募集受講者数=30名限定(ご応募先着締め切り)

(定員になり次第、募集を締め切ります/ 開講最小受講者数=20名)
 応募締切は2016年11月12日(土)になります。



受講資格


■ 受講者の年齢・性別・国籍は問いません。
■ 音楽制作経験の必要はありません。
■ 受講者は「音楽家」あるいは「音楽家志望者」、「音楽制作スタッフ」であることは問いません。


ご応募前にご留意いただくこと

■ 当校はライヴ配信(Ustream/ YouTube Live)は行いません。また受講中はFacebook、Twitterの投稿を禁じます。
■ ゼミの受講者による録音・録画は個人の使用目的でもお断りいたします。
■ 配布される資料の受講生による複製・譲渡・転売はお断りいたします。



受講料とお支払いについて


■ ゼミII『音楽と生き抜くメソッドとデータ2016』ゼミの受講料は「全8回分=¥55,000-(税込)」を応募時にお支払ください。
■ 応募締切は2016年11月12日(土)になります。
■ 受講料のお支払いは下記、Peatixの決済システムをご利用ください。
(分割支払いも可能です)


■ 受講料はクレジットカードでお支払いの際、分割払い/リボ払いを指定することはできませんが、受講者がご利用のカードによっては後から分割払い/リボ払いにできる場合があります。
以下のリンクをご参考に、分割払い/ リボ払いの設定をご確認ください。
例)

分割払い/リボ払いをご希望の方は、事前に必ずお持ちのクレジットカードにお問い合わせの上、お支払いください。また、支払い後は、ウェブ画面や問い合わせを通じて、クレジットカード会社に必ず分割払い/リボ払いの依頼を行ってください。
分割払い/リボ払いやクレジットカードの支払いに関するご質問、お問い合わせは、お持ちのクレジットカード会社にお願いいたします。音学校事務局、及びPeaixからはお答えできませんので予めご了承ください。
■ クレジットカードをご利用ではない方あるいは何らかのご事情により口座振り込みをされたい方は当ホームページのヘッダー(右上)にある「問い合わせ」をクリックし、音学校事務局に直接お問い合わせください。

ご不明の点はまず「受講者のためのQ&A」をお読みください。

「音楽と生き抜くメソッドとデータ2016」ゼミは
ご応募後のキャンセルはお受けできませんので予めご了承ください。








© Makimura Kenichi Music Private School All rights reserved.